Airbnbで250万円稼いだ僕のノウハウまとめ

シングルマザーや若手サラリーマンの間で密かに話題の稼げる簡単副業Airbnb 実際に250万円稼いだ超詳しいノウハウをご紹介!ホームステイの形で誰でも真似できる副業として実践者急増中! 日本で一番詳しすぎて購読率No.1達成!メディア掲載多数:http://nikkan-spa.jp/645280 注意:このブログを無断引用や無断編集している民泊メディアが散見されますがこのブログはリライト禁止です。

カテゴリ: 政策Watch

旅行者に宿泊場所を提供するマッチングサイトのエアービーエヌビー(Airbnb)がついに副業として規制緩和の対象になりました!


今までイマイチどの法律を守ればよいのかわからず困っていたホストも多かったと思いますが、政府の規制緩和策の一環で、Airbnbをやるときに守る法律が作られることになったそうです!


日経新聞 民泊営業規制改革 



1年のうち、180泊までという上限がありますが、予約が入らない日もあるので実質1年を通じてずっとホストになれるという画期的な緩和策です。


 これによって多くの人がAirbnbをやり始めることが想定されますが、このブログをしっかり読んでいればかなり上手に運営できるので新規参加の人も今までやっていた人も2歩も3歩も差をつけてプロAirbnbホストになれます!

このブログではAirbnbのホストとして最も長い経験を持つ管理人が数々の失敗をもとに、こうすればよかった、こうしたらよくなったというナマの体験談を3年以上もブログ記事として紹介しています。


またAirbnbにまつわる最新の動向や、ニュースも発信しているので是非読んでみてくださいね! 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

日本政府は東京オリンピック開催の2020年に年間2000万人の外国人旅行者を日本に呼び込むべく検討していましたが、この度、その目標をさらに上回る目標を設定しました。


その数なんと年間3000万人!


今年の訪日旅行者が1900万人に到達することが見込まれるため、大幅な増員の呼び込みを目標にすることを決定しました!


NHK ニュース 

日本人が1億2000万人いる中で、年間3000万人の目標は、街中の5人に1人が外国人という状況になることを意味します。


しかし、一方で、ホテルの需要がまったく足りていない中でAirbnbのような宿泊が求められています。


政府も規制緩和を進めており、今後も期待できる分野ですね!


 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Airbnbは世界各地で行政や規制の明確化・明文化を自治体や行政に働きかける活動を進めています。

日本でも民泊に関する意見聴取として、国家戦略室が特区法の枠組みの中で旅館業法の規制緩和を決定、その最終判断を地元自治体に委ねる方向で話が進んでいることはこのブログでも記載しました。


与党である自民党も民泊に関する意見聴取の一環として、先週、観光立国調査会が開催した観光産業活性化に関するワーキングチームにてAirbnbの共同創業者ネイソン・ブレチャージク氏から意見聴取をしています。

民泊に関する現状と課題の洗い出しがメインテーマですが、政府がめざす年間訪日観光客数と旅行者が泊まれるホテルの客室数のギャップを埋めるべく、どう新しいサービスを受け入れていくかが観光立国・日本への課題のようです。

政府としては内閣府地方創生推進室、自民党では観光立国調査会が主にAirbnbの日本展開を検討する場となっているようですね

自民党会議情報 Airbnbからの意見聴取(4月8日) 

会議の様子

また、同じ自民党のIT戦略特命委員会でも検討がすすんでおり、
IT戦略特命委員会サイト

特命委員会の事務局長であるふくだ峰之代議士はAirbnb推進派でもあるので今後の枠組み構築に期待できますね!
Airbnbが日本で成立するには? 自民議員「グレーならガンガンやっちゃえ」


こうした背景には、日本政府(観光庁)の訪日外国人旅行者数目標年間3000万人構想があり、当面は2020年の東京オリンピックまでには2000万人を目標にしていることがあります。
観光庁 訪日外国人3000万人プログラム


Airbnbを利用して日本に旅行している人が今年100万人に達するため、現時点で1割の観光客を取り扱うことになるAirbnbに関して政府も無視できない存在になり、追認する形になると予想されます。
Airbnb 訪日外国人旅行者数今年100万人


Airbnbの成長率と、政府としての目標がまだ半分しか達成できていないこと、IT産業の振興等の観点からの今後もAirbnbはまだまだ成長が期待できそうですね。



このブログではいちはやくAirbnbにビジネス性を見出したブログ管理人がAirbnbビジネスを2年以上運営した経験と、数々の失敗を経た上でのノウハウ・テクニックを紹介しています。

 さらに、このノウハウをさらに凝縮したエッセンスとして、「Airbnbの教科書」という基礎から学べるAirbnb初心者~中級者向けマニュアルを作成しました。これをお供にホストをやるとさらに成功確率があがると思います。

 様々な失敗を繰り返し多額の損失を出してきた私の経験から、どうすれば効率的に運営し、経済的なリターンを多くできるか?という観点で、全部で14ページ、文字数約1万5千字の資料となっています。

冊子の目次としては

1.1どこに物件を借りるべきか?

1.2家の広さはどれくらいがいいか?

1.3家賃はいくらくらいの家がいいか?

2.1部屋をどんなレイアウト・デザインにしたらいいか?

2.2予約アップに効果的な家具探し

2.3写真撮影のテクニック

2.4宿泊費(1泊)いくらにしたら良いか、理論値

3.1予約に対する返信のテクニック

3.2予約を効果的にとるテクニック

3.3最寄り駅から家までの誘導を効果的にかつ負担なく行う方法

3.4効果的なチェックイン・チェックアウト時間とは?

3.5家の設備に関して

3.6宿泊費のディスカウント対応の極意

3.7予約を左右する要因とは?

3.8鍵の受け渡しを効果的に行う方法

4.収支管理の楽な方法

 https://gumroad.com/l/gMJO

おまけとして上級テクニックを4章分を収録し、宿泊の際に考えなければいけない項目を網羅したチェックリスト、さらに家の紹介文やゲストとのやり取りのパターンを英語にしたコピペ集も収録しております。

このブログではこの目次にそって、少しだけみなさまにノウハウをお伝えしていくつもりですが、確実に収益をあげるために深く学びたいと言う方は是非リンク先から勉強してみてください!下のURLよりお買い求めいただけます!

非常に多くの方々から反響があり、実際に購入された方々からの声を一部ご紹介します。

山口県女性:「月3万円くらいの副収入がほしいなと思っていたらこのブログにたどりつきました。Airbnbがどういうものか非常にわかりやすく書いてあって、自分でもやってみようかなと思いましたが数十万円もかかるのはさすがに勇気がいるのでAirbnbの教科書を読んでみて無理そうならやめようと思って買いました。読んで自分には無理ってわかったら1万円の損ですむし、やるときはこれれに書いてあるとおりやればいいと思ったので無駄にはならないと思い、読んでみたら自分にもなんとかできそうなのでがんばってみます!ありがとうございました!」

三重県女性:「 
ブログを拝見していてとても率直な記述で心情も詳しく述べられているので大変興味を持った次第です。(中略)そういった事柄がブログからあふれていて、本当にまるで私が体験しているかのようにワクワク、どきどきしながら読みました。ブログ管理人さんの人柄がにじみ出ていて、特に最初のメッセージが入って最初のゲストを招いた時の話などは何となく私も一緒に幸せな気分になったりしました。(中略)実は最初14ページのノウハウが1万円というのは結構高いな、と躊躇したのも事実です。それでも1年間運営され、色んなゲストを招きつつ多くのホストさんとやりとりをして得た情報ですし、私などは田舎住まいなので東京まで行ってお話聞いて...と考えたら1万円というのはそんなに高いものではないと思い購入いたしました。それにいろいろ早く知りたいという欲求がありまして...。あといざairbnbを始めたらそこで元をとればいいし、なかなか始めないと分からないことも多いだろうからそういったリスクをあらかじめいくらか回避するにも1万円なら全然範囲内だな、と思いました。読んでみると私のパターンとは少々違う部分も多かったのですが、本質的に変わらないことももちろんありましたので大変参考になりました。特にゲストとの対応以降、上級テクニックとコピペ集です。これらは本当にありがたいアドバイスです。」

男性:「
ブログ、レポートともに有益な情報本当にありがとうございます。全くの初心者でも分かりやすい記事ですので、大変重宝しております。」 

東京都男性: 「こういうことをやっている人
(airbnbのホストをやりながらノウハウをブログにしている人)
は非常に少ないので体験レポートは貴重でした。5万円でも買いましたよ、値上げしたほうがいいんじゃないでしょうか?あと、販売しているGumroadという販売システムは買う際に少し躊躇しましたが、安心して買えました。それ以外でも買える方法を設定したほうがいいですよ」

 
 Airbnbの教科書 その1

Airbnbの教科書販売ページ その2
 (値段設定は異なりますが上のどちらからでも同じものをお買い求めできます!ご自身のよく使う決済方法に合わせてお選びください) 

この他にも多くの方々に反響のご意見を頂きまして、誠にありがとうございました!


 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

遊休不動産をお持ちのかた、これからairbnbホストを始めようと思っているかた

国家戦略特別法ってご存知でしょうか?

 

 

経済発展のために規制緩和を一定地区内で思い切って推進しようというこの法律。

実はこの国家戦略特区法によって旅館業法が緩和されているのです。

 

http://matome.naver.jp/odai/2140080836268444401

 

http://www.kantei.go.jp/jp/headline/kokkasenryaku_tokku2013.html

 

http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/hearing_s/260121_kourou_ryokan.pdf

 

東京都では9区が特区法指定地域になっており、airbnbホストにはうれしいことに自分がすんでいない家でもairbnbが可能になるのです。今まではすんでいない家でairbnbをやることはグレーじゃないの?という点が懸念点として残っていましたが、これで問題ないことが明文化されましたね

 

日本のホテルの稼働率は90%ほどとなっているのに対して、東京中央区の空家率は25%程度・・・・  このギャップを埋めるために、不動産会社のエイブルのような大企業までも腰をあげました。

 

しかし、airbnbのホストとしてこのブログを読んでくださっている方はエイブルに負けない運営ノウハウを身につけていますので恐れるにたりませんね

 

是非一緒にがんばっていきましょう

 

 

また、このブログではご自身の物件をairbnbで運営したいというかたを募集していますので、気になる方はコメント欄からご連絡くださいませ

コメントは非公開とさせていただいておりますので連絡先がわかるようご記入ください

 

また、自分でairbnbをやってみたい!という方には「airbnbの教科書」をお勧めしております。「airbnbの教科書」には運営のための上級テクニックが数多く掲載されています。これをお供にホストをやるとさらに成功確率があがります。

 https://gumroad.com/l/gMJO

様々な失敗を繰り返し多額の損失を出してきた私の経験から、どうすれば効率的に運営し、経済的なリターンを多くできるか?という観点で、全部で14ページ、文字数約1万5千字の資料となっています。

冊子の目次としては

1.1どこに物件を借りるべきか?

1.2家の広さはどれくらいがいいか?

1.3家賃はいくらくらいの家がいいか?

2.1部屋をどんなレイアウト・デザインにしたらいいか?

2.2予約アップに効果的な家具探し

2.3写真撮影のテクニック

2.4宿泊費(1泊)いくらにしたら良いか、理論値

3.1予約に対する返信のテクニック

3.2予約を効果的にとるテクニック

3.3最寄り駅から家までの誘導を効果的にかつ負担なく行う方法

3.4効果的なチェックイン・チェックアウト時間とは?

3.5家の設備に関して

3.6宿泊費のディスカウント対応の極意

3.7予約を左右する要因とは?

3.8鍵の受け渡しを効果的に行う方法

4.収支管理の楽な方法

 

おまけとして上級テクニックを4章分を収録し、宿泊の際に考えなければいけない項目を網羅したチェックリスト、さらに家の紹介文やゲストとのやり取りのパターンを英語にしたコピペ集も収録しております。

このブログではこの目次にそって、少しだけみなさまにノウハウをお伝えしていくつもりですが、確実に収益をあげるために深く学びたいと言う方は是非リンク先から勉強してみてください!下のURLよりお買い求めください

https://gumroad.com/l/gMJO

 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ