Airbnbで250万円稼いだ僕のノウハウまとめ

シングルマザーや若手サラリーマンの間で密かに話題の稼げる簡単副業Airbnb 実際に250万円稼いだ超詳しいノウハウをご紹介!ホームステイの形で誰でも真似できる副業として実践者急増中! 日本で一番詳しすぎて購読率No.1達成!メディア掲載多数:http://nikkan-spa.jp/645280 注意:このブログを無断引用や無断編集している民泊メディアが散見されますがこのブログはリライト禁止です。

カテゴリ: ニュース

アパートやマンションなどの不動産投資の世界で専門家として著名な元銀行員の方が現代ビジネスWEB版で民泊を奨励しています。



現代ビジネス 年収1000万円超を目指すなら、銀行員を信じなさい! お金が貯まるのは、こっちだ銀行と正しく付き合う方法 


相続税対策で田舎の土地にアパートを建てた結果、空室で困っている地主さんがとても多いそうです。

マネーの専門家によると、自分が困っていることを不動産で解決しようとしたからだそうです。つまり、自分というお金を払わない人のために不動産を建ててしまったが故にお客さんが寄ってこないことが原因とのこと。

今、不動産にお金を払うほど困っている人を探して、その人のために不動産を提供することを勧めています。


その最たる例が、年間2000万人を突破した観光客向けに宿を提供する民泊です。


民泊なら観光客がお金を払ってくれるので、不動産投資として成立するということなんですね。



さすが元銀行員だけあって論理的な考えをされています。

そして、民泊で観光客を集めるのに最も効果的な集客サイトがこのブログで散々ご紹介しているAirbnbなのです!


もし、アパートやマンションへの不動産投資から一歩深い、この民泊ビジネスに足を踏み入れたい方がいらっしゃれば、ぜひこのブログの過去記事をご覧になってください!


また、現在このブログ管理人は数々の協力パートナーと共に旅館運営の立ち上げを行っています。この立ち上げストーリーも発信していきますので是非ご期待ください。

地主の方で、旅館運営にご興味のある方も募集しておりますので、コメント欄からご連絡ください。コメントはほかの人には見られない設定になっていますのでご安心ください。メールなどの連絡先を書き忘れる方がとても多いのでお忘れなく! 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ビットコインという仮想通貨を聞いたことがありますか?


最近では雑誌や新聞にも掲載されるようになっているので知っている人が多いかもしれません。


ドルや円などの国が発行している通貨と両替できる仮想通貨で、 今急速に使用が普及しているネット上の通貨です。

そんな近未来の通貨ビットコインをAirbnbで使えるようになるというニュースが入ってきました。


アメリカのニュースサイト Quartz  

ビットコインの決済技術を開発していた企業の技術者をAirbnbが大量に雇ったというニュースです。


Airbnbはビットコイン支払いを受け付けるのか?


そして、AirbnbのCTO(最高技術責任者)もAirbnbにおいてビットコインでの決済について今後導入される可能性を示唆しています。


ビットコインで決済されるようになるとゲストが支払うのもビットコイン、ゲストが支払うのもビットコインということになります。


つまり、このブログの読者であるホストのみなさんには早めにビットコイン決済に準備しておかないといけないことになります。ゲストがビットコインを使いたいのにホストがそれを断ったら、別の部屋に泊まってしまうかもしれないからです。

特にAirbnbはIT系の感度が高いゲストが多いですから、いち早くビットコインに対応した部屋を提供しているホストだと優先的に泊まってくれることが考えられ、できるだけ早くビットコイン対応する必要が生じてきます。


では、ビットコインに対応するにはどうすればいいのでしょうか?




まず、必要なことは受け取ったビットコインをドルや円に両替できる体制を整えることです。




現在、日本ではビットコインの両替に対応している取引所が非常に少ないのが現状です。




外国の通貨を円に両替するのであれば、空港の窓口や銀行でも対応できるように非常に両替所の数が多いですが、ビットコインはまだまだ普及が十分でなく、取引所が少ないです。



そんな中でも、ようやくビットコインの両替所として日本でも開設された取引所が現れました。


それは「ビットバンク」 とい会社です。

野村証券や大手IT企業GMO出身の人が作った会社で日本の中でも大手の取引所です。



この「ビットバンク」ではビットコインの両替だけでなく、ビットコインをFXのように売ったり買ったりできるそうで、このブログのリンクから登録した人の売買の手数料が割引が2割引きになるキャンペーンをやっているそうです。


ビットバンクへの登録はここをクリック



是非、いち早くビットコインに慣れておいてください!


 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

外国人旅行者の訪日が止まりません。


年間訪日外国人は、昨年、2000万人をわずかに下回りましたが、今年は2000万人を突破することが確実視されています。テレビや雑誌でも頻繁に外国人旅行者ネタを目にします。


しかし、彼らがとまるホテルという受け皿がまだまだ少なすぎる。そのギャップにうまくあてはまったのが民泊というサラリーマンや主婦でもできる副業なのです。


そしてその協力な民泊補助ツールになるのがAirbnbという宿泊マッチングサイト。


このブログではずいぶん前からこのAirbnbを活用した副業がとても面白いものだと言うことを発信してきました。


そして天下の日本経済新聞までもが民泊が副業としてかなり利回りの高いものになるという記事を出しています。


民泊、あなたもオーナーに? 賃貸より高利回りも 


このブログでも、筆者の数々の失敗経験をもとに、どうすれば全くの素人から副業としてお小遣いを稼げるレベルにまで高めることができるのか、実体験をもとに詳細に日々の経験談を記載してきました。



そして、いかに失敗やトラブルを防いで、安定的に収益を得られるようになるかというノウハウをまとめた一冊の資料を作成し、今まで多くの人にご提供してきました。


実際に身の回りでAirbnbをやっている人が少ないので、経験者に会いに行くためにわざわざ遠方から新幹線や夜行バスを乗り継いで来なくても、暇なときに読めるようワードファイル形式で格安で提供しています。


冊子の目次としては

第1章

1.1どこに物件を借りるべきか?

1.2家の広さはどれくらいがいいか?

1.3家賃はいくらくらいの家がいいか?

第2章

2.1部屋をどんなレイアウト・デザインにしたらいいか?

2.2予約アップに効果的な家具探し

2.3写真撮影のテクニック

2.4宿泊費(1泊)いくらにしたら良いか、理論値

第3章

3.1予約に対する返信のテクニック

3.2予約を効果的にとるテクニック

3.3最寄り駅から家までの誘導を効果的にかつ負担なく行う方法

3.4効果的なチェックイン・チェックアウト時間とは?

3.5家の設備に関して

3.6宿泊費のディスカウント対応の極意

3.7予約を左右する要因とは?

3.8鍵の受け渡しを効果的に行う方法

第4章

4.収支管理の楽な方法

さらにおまけとして上級テクニックを4章分を収録

さらに宿泊の際に考えなければいけない項目を網羅したチェックリストもあります。

さらに家の紹介文やゲストとのやり取りのパターンを英語に翻訳したコピペ集も収録


これでもか、とAirbnbに必要なノウハウを凝縮した資料を作成しました!


実際に読者から感激のメールを受け取っていますので一部をご紹介します。長すぎるメールもありますがあしからず。 


山口県女性:「月3万円くらいの副収入がほしいなと思っていたらこのブログにたどりつきました。Airbnbがどういうものか非常にわかりやすく書いてあって、自分でもやってみようかなと思いましたが数十万円もかかるのはさすがに勇気がいるのでAirbnbの教科書を読んでみて無理そうならやめようと思って買いました。読んで自分には無理ってわかったら1万円の損ですむし、やるときはこれれに書いてあるとおりやればいいと思ったので無駄にはならないと思い、読んでみたら自分にもなんとかできそうなのでがんばってみます!ありがとうございました!」

三重県女性:「 
ブログを拝見していてとても率直な記述で心情も詳しく述べられているので大変興味を持った次第です。(中略)そういった事柄がブログからあふれていて、本当にまるで私が体験しているかのようにワクワク、どきどきしながら読みました。ブログ管理人さんの人柄がにじみ出ていて、特に最初のメッセージが入って最初のゲストを招いた時の話などは何となく私も一緒に幸せな気分になったりしました。(中略)実は最初14ページのノウハウが1万円というのは結構高いな、と躊躇したのも事実です。それでも1年間運営され、色んなゲストを招きつつ多くのホストさんとやりとりをして得た情報ですし、私などは田舎住まいなので東京まで行ってお話聞いて...と考えたら1万円というのはそんなに高いものではないと思い購入いたしました。それにいろいろ早く知りたいという欲求がありまして...。あといざairbnbを始めたらそこで元をとればいいし、なかなか始めないと分からないことも多いだろうからそういったリスクをあらかじめいくらか回避するにも1万円なら全然範囲内だな、と思いました。読んでみると私のパターンとは少々違う部分も多かったのですが、本質的に変わらないことももちろんありましたので大変参考になりました。特にゲストとの対応以降、上級テクニックとコピペ集です。これらは本当にありがたいアドバイスです。」

男性:「
ブログ、レポートともに有益な情報本当にありがとうございます。全くの初心者でも分かりやすい記事ですので、大変重宝しております。」 

東京都男性: 「こういうことをやっている人
(airbnbのホストをやりながらノウハウをブログにしている人)
は非常に少ないので体験レポートは貴重でした。5万円でも買いましたよ、値上げしたほうがいいんじゃないでしょうか?あと、販売しているGumroadという販売システムは買う際に少し躊躇しましたが、安心して買えました。それ以外でも買える方法を設定したほうがいいですよ」

 
 Airbnbの教科書 その1

Airbnbの教科書販売ページ その2
 (値段設定は異なりますが上のどちらからでも同じものをお買い求めできます!ご自身のよく使う決済方法に合わせてお選びください) 



みなさまもぜひこのチャンスを生かして、勇気を出して一歩前に踏み出してみて下さい!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

民泊とAirbnbのことならこのブログでなんでもわかる



そんな構想のもとで様々な方たちと協力して作り上げてきたこのブログ


先日の外国人旅行者のニュースをリアルタイムでわかるよう設定したのに続き、民泊に関してもこのブログの右側に最新ニュースが随時リアルタイムで反映されるように設定しました!


このブログの更新がないときでもニュースだけはリアルタイムで更新される設定なので、ぜひぜひチェックしてみてください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

沖縄を訪れた観光客が過去最多を記録したそうです。


2015年度に沖縄を訪れた観光客はなんと793万人


そしてそのうちの167万人は外国人だったそうです。


中国人や韓国人が特に多く、彼らの国のそぐそばにあるリゾート地のため気軽に来ていることがうかがえます。


毎日新聞電子版



そのような中で、Airbnbで副業をやって成功している人がかなり多くでてきています。


場所を選べば独占状態に持ち込める可能性がまだまだある黎明期の副業なので情報収集して挑戦してみてください!

マネーニュース Airbnb(民泊)で月50万円いった 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログの使い勝手を改善する取組みの第一弾をご紹介!


今まで、外国人旅行者に関する最新ニュースの中から面白いものを選んで皆様にご紹介していましたが、なかなか全部お伝えきれていない部分がありました。

そこで、このブログの右側のカレンダーの下の部分に、外国人旅行者に関する最新ニュースがリアルタイムで表示されるように改良を加えました!


外国人旅行者に関するニュースが知りたい!というときはこのブログに来てもらえれば、ネット上のすべてのニュースの中から外国人旅行者のニュースが抽出されるように設定されているので、是非見てください!
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

世界各国から旅行に来た旅行者を自宅に泊めてもてなす宿泊マッチングサービスAirbnb


今まで旅館業法と借地借家法の間でいまいち法律的な立ち位置が見えていなかったこの副業が今春、ようやく違法ではないことが明文化されることになりました!


Airbnbは合法になったのです! 

 日テレWEB版

記事によると、今までは最低33㎡なければならなかった面積の決まりが、ワンルームマンション程度の広さでも民泊をしていいという形に法律が改正され、よくホテルにあるフロントもなくても問題ないという明確な法律が策定されるそうです!

つまり今までのAirbnbがそのまま認められる形になるということ!


限られた人しかできなかった民泊が、ほぼ全員できるような法律改正がされるそうで、ますます人気が高まりそうですね!


このブログではAirbnbで副業する際に有意義な情報を発信しつつ、自らの失敗経験から、どうすれば出費を最低限におさえて運営できるかというノウハウを記事にしています。 


そのノウハウのわかりやすさと誰でも実践できる再現性が高く評価され、様々なメディアで紹介されています!

メディア掲載実績多数

週刊SPA(扶桑社):

スマホアプリを駆使して年間250万円を荒稼ぎ!?

http://nikkan-spa.jp/645280

ヤバいほど儲かる副業ベスト26

http://nikkan-spa.jp/magazine/653149

スマホで稼ぐ錬金術

http://nikkan-spa.jp/magazine/644830

本業+副業で年収800万は余裕だった

http://nikkan-spa.jp/magazine/927004


YenSPA(扶桑社):

「夢の投資生活」地方物件、シェアハウス、ボロ家etc.大ブームが来る前の今こそ参入の絶好機!サラリーマンが大家になって稼ぐ技術

http://www.fusosha.co.jp/magazines/detail/4910234560743


生活の知恵が集まる情報サイト「ナナぴ」:

最新の副業術!話題の「Airbnb」を活用して1年で250万も稼ぐ方法

https://nanapi.jp/119772


などなど他多数のメディアで取り上げられています!


さらに、多数にわたるブログ記事をぎゅぎゅっと凝縮したエッセンスとして、「Airbnbの教科書」という基礎から学べるAirbnb初心者~中級者向けマニュアルを作成しました。これをお供にホストをやるとさらに成功確率があがると思います。

 Airbnbホストとして様々な失敗を繰り返し多額の損失を出してきた私の経験から、どうすれば効率的に運営し、経済的なリターンを多くできるか?という観点で、全部で14ページ、文字数約1万5千字の資料となっています。

冊子の目次としては

第1章

1.1どこに物件を借りるべきか?

1.2家の広さはどれくらいがいいか?

1.3家賃はいくらくらいの家がいいか?

第2章

2.1部屋をどんなレイアウト・デザインにしたらいいか?

2.2予約アップに効果的な家具探し

2.3写真撮影のテクニック

2.4宿泊費(1泊)いくらにしたら良いか、理論値

第3章

3.1予約に対する返信のテクニック

3.2予約を効果的にとるテクニック

3.3最寄り駅から家までの誘導を効果的にかつ負担なく行う方法

3.4効果的なチェックイン・チェックアウト時間とは?

3.5家の設備に関して

3.6宿泊費のディスカウント対応の極意

3.7予約を左右する要因とは?

3.8鍵の受け渡しを効果的に行う方法

第4章

4.収支管理の楽な方法

さらにおまけとして上級テクニックを4章分を収録

さらに宿泊の際に考えなければいけない項目を網羅したチェックリストもあります。

さらに家の紹介文やゲストとのやり取りのパターンを英語に翻訳したコピペ集も収録


これでもか、とAirbnbに必要なノウハウを凝縮した資料を作成しました!


非常に多くの方々から反響があり、実際に購入された方々からの声を一部ご紹介します。


山口県女性:「月3万円くらいの副収入がほしいなと思っていたらこのブログにたどりつきました。Airbnbがどういうものか非常にわかりやすく書いてあって、自分でもやってみようかなと思いましたが数十万円もかかるのはさすがに勇気がいるのでAirbnbの教科書を読んでみて無理そうならやめようと思って買いました。読んで自分には無理ってわかったら1万円の損ですむし、やるときはこれれに書いてあるとおりやればいいと思ったので無駄にはならないと思い、読んでみたら自分にもなんとかできそうなのでがんばってみます!ありがとうございました!」

三重県女性:「 
ブログを拝見していてとても率直な記述で心情も詳しく述べられているので大変興味を持った次第です。(中略)そういった事柄がブログからあふれていて、本当にまるで私が体験しているかのようにワクワク、どきどきしながら読みました。ブログ管理人さんの人柄がにじみ出ていて、特に最初のメッセージが入って最初のゲストを招いた時の話などは何となく私も一緒に幸せな気分になったりしました。(中略)実は最初14ページのノウハウが1万円というのは結構高いな、と躊躇したのも事実です。それでも1年間運営され、色んなゲストを招きつつ多くのホストさんとやりとりをして得た情報ですし、私などは田舎住まいなので東京まで行ってお話聞いて...と考えたら1万円というのはそんなに高いものではないと思い購入いたしました。それにいろいろ早く知りたいという欲求がありまして...。あといざairbnbを始めたらそこで元をとればいいし、なかなか始めないと分からないことも多いだろうからそういったリスクをあらかじめいくらか回避するにも1万円なら全然範囲内だな、と思いました。読んでみると私のパターンとは少々違う部分も多かったのですが、本質的に変わらないことももちろんありましたので大変参考になりました。特にゲストとの対応以降、上級テクニックとコピペ集です。これらは本当にありがたいアドバイスです。」

男性:「
ブログ、レポートともに有益な情報本当にありがとうございます。全くの初心者でも分かりやすい記事ですので、大変重宝しております。」 

東京都男性: 「こういうことをやっている人
(airbnbのホストをやりながらノウハウをブログにしている人)
は非常に少ないので体験レポートは貴重でした。5万円でも買いましたよ、値上げしたほうがいいんじゃないでしょうか?あと、販売しているGumroadという販売システムは買う際に少し躊躇しましたが、安心して買えました。それ以外でも買える方法を設定したほうがいいですよ」

 
 Airbnbの教科書 その1

Airbnbの教科書販売ページ その2
 (値段設定は異なりますが上のどちらからでも同じものをお買い求めできます!ご自身のよく使う決済方法に合わせてお選びください) 

この他にも多くの方々に反響のご意見を頂きまして、誠にありがとうございました!





 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

爆買い


化粧品や便座などが飛ぶように売れているというのはこのブログでもご紹介してきましたが、


なんとその買い物が、今や日本の薬にまで及んでいるのだそうです。



大阪の道頓堀のそばにあるドラッグストアでは売上の7割が外国人旅行者で占められているとのこと



主な客は中国人で、中国語をしゃべれるスタッフを40人も配置しているのだとか




売れているのは目薬や頭痛約、便秘薬、鎮痛剤などいたって普通のもの



しかし中国のものより効能が良く、製品として安全ということで売れているのだそうです。


薬のネット販売は薬事法で規制されている面もあり、このようにわざわざ日本に来て買っていくくらいしか入手方法がないのでしょうね!


次々と日本のもおのが売れていくというのは経済にとってとてもいいことだと思います!



朝日新聞 電子版




 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

日本の人口の10倍の中国


日本人の購買力の10倍はありそうな中国



そんな中国人旅行者に愛されてやまない家電大手ラオックスがこの度、大阪心斎橋店のフロアを10倍広げたというニュースです。



中国人の買い物というと「爆買い」という言葉が、狭い店頭に殺到するイメージを思い出させますが、フロア面積が10倍になったら混雑感が比較的落ち着いて感じられそうで、安心ですね!



それにしても店舗面積を10倍にしても採算が見込めるというのはさぞ大阪には中国人が殺到しているのでしょうね!

 MBS
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Airbnbは1月から3月にかけての中国の旧正月時期に旅行したい国ランキングを発表しました。


ランキングのアンケートに答えたのは中国、韓国、東南アジアのAirbnb利用者です。

彼らの多くは3名以上で宿泊するファミリー層が全体の過半を占め、年齢も34歳以上が徐々に増えてきているようです。

若者であれば新しいものが好きなのでAirbnbを利用するのはわかりますが、34歳以上でしかもファミリーでもAirbnbを利用するようになってきたのには驚きですね。Airbnbが世界的に認知されてきた証なのでしょう。


そんな人たちが旅行したい国ランキング


アメリカや韓国などが上位に入っていましたが、堂々の第一位は日本でした! 



アジアといえばタイやオーストラリアなども有名な観光スポットですが、それを抑えての第一位は胸がはれますね!




ちなみに行きたい年の第一位は東京ではなく、大阪なのだそうです。


トラベルボイス

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

成田空港第二旅客ターミナル


日本の玄関窓口に大型LEDパネルに囲われたショールームがあります。


なんのショールームか?


なんとそれはトイレ 


日本のトイレは世界最高水準の技術が込められています。


ウォシュレットや自動で開閉する便座などは世界中の人たちから驚かれ、同時に購入が殺到しています。


 中国人旅行者の爆買いも有名ですが、ハリウッドのウィル・スミスやマドンナも買い求めたという話があるので、これは世界規模ですね。



トイレというと暗くて汚いイメージがありますが、日本の技術がそこに光をあててグローバルスタンダードをつくりつつあります。


この成田空港のショールームもその一環で、自国に帰国した旅行者に現地で宣伝してもらう狙いがあるそうです。


ぜひこのショールームを見に行ってみてください!


ガジェット通信




 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「想定を上回るペースで旅行者が増えている」

そうこぼすのは法務省入国管理局の担当者。


それもそのはず。年間2000万人にせまるペースで外国人旅行者が日本を訪れていて、関西空港などでは入国審査を受けるために30分も行列ができているそうです。



増加がとまらない旅行者への対策として、入国審査官が増員されることが決まりました。


関西国際空港では45人、那覇空港では12人も増員されるそうです。


産経ニュース 


増え続ける旅行者を背景に政府は年間の訪日旅行者数を3000万人にすることを14日発表しました。



今年1月~10月までに訪日した旅行者は1600万人なので、その倍の数字を目標にしたことになります。


しかしこの数字は決して夢物語ではなく、現実的な数字として政府ではとらえており、ますます外国人旅行者が増えることが確実視されています。


時事ドットコム


 このブログでは外国旅行者を自宅に招くホームステイを中心とした仲介サービスAirbnbを利用してホストをやっていた実体験から、シングルマザーや若手会社員でもできるようにノウハウとしてまとめて誰でもできるようにご紹介しています。ブログを読んでぜひチャレンジしてみてください。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

外国旅行者の受け入れに積極的な東京都大田区で、旅行者向けに日本の文化を体験できる商業施設がオープンしました。


ウィングキッチン京急蒲田では、和服の着付けや茶道などの体験講座のほか、地元の和菓子や工芸品も購入することができ、羽田空港国際線ターミナルからも5分で行ける好立地。



英語、中国語、韓国語でスタッフが対応でき、飲食店や食料品店、書店、衣料品店なども入居しているため、近隣の日本人でも楽しめる施設になっています。 

毎日新聞 電子版 


 そんななか、中国で行われたアンケートが話題を呼んでいます。

インターネットで中国人に訪日の目的を質問したアンケートを実施したところ、文化・芸術鑑賞や景色の鑑賞という理由が、買い物よりも回答が多かった結果がでたのです!



つまり中国人は日本に買い物目的できている訳ではなく、文化や景色を体験しにきているということ!



しかし中国人の訪日時の消費金額を調べた別の調査ではショッピング代に一番多く消費されている結果がでています。


これはどういうことか?


つまり文化や芸術を体験したいという欲求を日本側がうまく消費に結びつけられていないということなのです。


一番の目的である文化芸術体験にお金を使う方法が見いだせず、買い物にお金をつかっているという不可思議な状況が発生していると解釈できますね。


日本側でも文化体験といえば歌舞伎や相撲などがあげられますが、外国人にはわかりにくかったりしていて、なかなかとっつきにくい雰囲気があるのかもしれません。こういった状況を改善していけば、日本での消費額が飛躍的に増えるかもしれませんね

中国人が日本に旅行に来る目的は実は「爆買い」ではない






 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

外国人にとって日本はまだまだ東洋の未知なる神秘の国です。

情報源は非常に少なく、ほとんどの外国人旅行者は同じ旅行ガイドブックを頼りに旅行をしています。

そんな中で日本に住んでいる外国人が投稿したYoutube動画で火がついて一躍人気になったスポットがいくつか発生しているそうです。


居酒屋かやぶき
食べログはこちら

この居酒屋もそんなスポットの1つ。日本人はほとんどしらない宇都宮の居酒屋です。

なぜここがそんなに外国人に人気なのか?


実はこの居酒屋、店内でニホンザルを飼育しており、お客さんと触れ合えるというのがウリなんです。


料理もニホンザルが運んでくるそうです。


外国ではこのような形態の店は非常に少なく、何時間かけてでも行ってみたいお店だそうです。




武神館

千葉県野田市にある武道と忍術を教える道場も今とても人気。ミリタリーマニア向けだそうで、海外の軍人も指導を受けに来るのだとか。



それ以外にもサラリーマンの代名詞・富士そば、スラムダンクで人気の江ノ電鎌倉高校の踏切などなど


さまざまな珍スポットが発生しているそうです。



参考:dot



 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

外国人の訪日者数がうなぎ上りのなか、日本に来たときにどのレストランに行くべきか非常に相談が多いですが、そんな中でとても便利なレストラン予約サイトが登場しました。


Tokyo Dinner Ticketという予約サイトはホームページがとても見やすく作成された日本食レストラン予約サイトです。
サイトはこちら 


すき焼きやフグ刺しの英語での説明もあり、それが食べられるお店が紹介されている仕組み。 しかもコース料理のみの掲載なので、アラカルトで注文を失敗した。。。。ということがないようにできています。

旅行者を想定してか、今日と明日の夕食に限定した予約のみとなっており、直近ですぐ食べたい人向けになっているのがとても便利。何日も前から予約しないと入れない店ではなく、すぐ予約できてすぐ行けるから行きたいお店になんなく行けるのがポイントですね!

登録されている日本食レストランは今後も増えるでしょうから期待ですね! 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

年間訪日旅行者が2000万人に迫る勢いで急速に外国人が日本に旅行に来ています。


日本は今まであまり外国人の受け入れの経験がなく、外国人にはわかりにくい設備やルールができており、旅行に来ても外国人は困ることが多いようです。

今回はそのような不満トップ5を挙げてみました!


第5位


「和式トイレが意味不明!」
 
これは日本人でも敬遠する人も多いはず。最近の人は洋式トイレが多く、意識するシーンも少ないですが、便座に触れるのを嫌がる人も多いので、公共施設では和式トイレはまだ見かけます。

外国人にとっては初めて見るものなので使い方がわからない人も多いようです。



第4位


「駅の路線図が意味不明!」 


地下鉄などは特に難しいですよね。会社が違うと路線図に記載がなかったりして、乗継もすごく不便なのは日本人も同じように感じています。


第3位


「道路標識や看板が日本語の漢字表記で意味不明!」


確かにローマ字の標識は少ないですね。ローマ字で書いてあっても、Meiji-Dori などと書いてあり、明治通りをそのままローマ字に置き換えただけでstreetかどうか外国人にはわかりません。



第2位


「ゴミ箱が少ない!」


テロを警戒してか、美観のためなのか、確かに日本人でもゴミ箱が少ないと感じます。ゴミ箱はもう少し増やしてくれてもいいかもしれません。



そしてそして


第1位


「英語が通じない!Can you speak English? ⇒ No! ←なんでそれだけできるんだよ!」


タクシー運転手やバスの運転手、電車の車掌や駅員に道を尋ねても旅行者とコミュニケーションができない事象が頻発しているそうです。英語は日本人の永遠の課題ですね。。




外国人と話すときのネタとしてそういった不満について語り合っても楽しいかもしれませんね。あなたの国ではその部分はどうなの?と聞いてみたらおもしろい答えが返ってくるかもしれません。


ライブドアニュース





























 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

外国人に人気の新宿ゴールデン街


戦争の後に建てられた長屋の店舗と狭い路地にたくさんの人がひしめく雰囲気がとても人気だそうです。


ロックバー、演劇バー、漫画アニメバー、レトロゲームバーなどたくさんの店がありますが、アメリカで有名なブログ「Lost in Translation」ではお好み焼き屋が紹介されています。


Lost in Translation 


 京都や大阪もいいですが、戦後日本の雰囲気をまだ保っている、味のある新宿もホームステイしてくれる外国人旅行者と一緒に是非行ってあげてください!


新宿いいとこ一度はおいで 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

外国人観光客の増加がとまらない中、日本で旅行者が消費する金額も2015年の7-9月期についに1兆円を突破しました!

そんな中様々な企業が外国人観光客向けにサービスを展開しています。

居酒屋大手の「ワタミ」では、外国人観光客向けの日本食店を六本木にオープン、浅草でも外国人向けにランチの営業を開始していましたがそれも大当たりで大人気とのこと。ターゲット客を外国人観光客だけに絞った店舗開発を進めていくそうです。

TBS ワタミが外国人観光客限定の日本食店開拓

また、花王の「めぐりズム 蒸気でホットアイマスク」や白元の「リラックスゆたぽん」も人気とのこと

化粧品もスキンケアやUVケアが東南アジア人に受けていて、飲食だけでなく化粧品メーカーもつぎつぎと参入しています。


MONEYZINE 外国人によるインバウンド消費が拡大




こうした中、観光客が宿泊するホテルも稼働率が非常に高まっており、予約がなかなか取れない状況が続いています。
大阪府では8月の稼働率90.4%、東京も83.6%とほぼ満杯の状況です(全国平均は70.2%)。

産経ニュース


まだまだ外国人は日本に観光に来ると予想されており、この市場は拡大することが期待されています。




 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


10月26日のNHKクローズアップ現代でAirbnbが紹介されました!

NHK ホームページより:
 「外国人観光客数が過去最高を更新し続ける中、いま都市部を中心に急速に広がっているのが、一般の住居などを宿代わりに使用する「民泊」だ。

旅行者にとってはホテルよりも安く、旅先の日常生活に近い滞在ができる一方、ホスト側にとっても、空き部屋を使って収入を得られたり、ゲストとの交流ができるなど様々なメリットがある。

東京や大阪などで慢性的なホテル不足が続く中、宿泊客の効果的な受け皿になると注目が集まっている。」

番組ではホテルの部屋が旅行客の数に対して圧倒的に足りていないこと、Airbnbの運営企業も今後日本で同社サービスが拡大することが解説されていました!


今後もAirbnbが普及していくのが楽しみですね!


Airbnbは外国からの旅行者を自宅に招いて国際交流を楽しめるマッチングサービスです。

副業としても注目されていて、このブログではAirbnbを2年以上やってきた私の経験談を元に、失敗しやすいAirbnbをうまくやるコツや最新のトレンド、ニュース、お役立ち情報を配信しています!


是非過去の記事も目を通してみてくださいね!
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

日本に旅行したいけど外国人向けの日本情報サイトがない・・・


こんなことを外国人の旅行者から聞いたことがあります。


日本人も英語で情報発信するのはなかなか難しいということもあり、ガイドブックに頼りっぱなし、というのが今の日本の観光情報業界の現状です。


しかし、Tsunagu Japanというサイトが最近旅行者から支持を受けつつあるようです。


簡単にいうと、英語と中国語でショッピング情報や観光情報を掲載しているポータルサイトです。


かなり詳細に記載があり、これを見れば一通り日本の旅行情報が入手できるようでとても今後が期待できます。


Tsunagu Japan


また、産経ニュースでは230万PVを突破したとの報道もあり、かなり外国旅行者が日本に注目していることがわかりますね!

産経ニュース


 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ