Airbnbで250万円稼いだ僕のノウハウまとめ

シングルマザーや若手サラリーマンの間で密かに話題の稼げる簡単副業Airbnb 実際に250万円稼いだ超詳しいノウハウをご紹介!ホームステイの形で誰でも真似できる副業として実践者急増中! 日本で一番詳しすぎて購読率No.1達成!メディア掲載多数:http://nikkan-spa.jp/645280 注意:このブログを無断引用や無断編集している民泊メディアが散見されますがこのブログはリライト禁止です。

カテゴリ: お得情報

ビットコインという仮想通貨を聞いたことがありますか?


最近では雑誌や新聞にも掲載されるようになっているので知っている人が多いかもしれません。


ドルや円などの国が発行している通貨と両替できる仮想通貨で、 今急速に使用が普及しているネット上の通貨です。

そんな近未来の通貨ビットコインをAirbnbで使えるようになるというニュースが入ってきました。


アメリカのニュースサイト Quartz  

ビットコインの決済技術を開発していた企業の技術者をAirbnbが大量に雇ったというニュースです。


Airbnbはビットコイン支払いを受け付けるのか?


そして、AirbnbのCTO(最高技術責任者)もAirbnbにおいてビットコインでの決済について今後導入される可能性を示唆しています。


ビットコインで決済されるようになるとゲストが支払うのもビットコイン、ゲストが支払うのもビットコインということになります。


つまり、このブログの読者であるホストのみなさんには早めにビットコイン決済に準備しておかないといけないことになります。ゲストがビットコインを使いたいのにホストがそれを断ったら、別の部屋に泊まってしまうかもしれないからです。

特にAirbnbはIT系の感度が高いゲストが多いですから、いち早くビットコインに対応した部屋を提供しているホストだと優先的に泊まってくれることが考えられ、できるだけ早くビットコイン対応する必要が生じてきます。


では、ビットコインに対応するにはどうすればいいのでしょうか?




まず、必要なことは受け取ったビットコインをドルや円に両替できる体制を整えることです。




現在、日本ではビットコインの両替に対応している取引所が非常に少ないのが現状です。




外国の通貨を円に両替するのであれば、空港の窓口や銀行でも対応できるように非常に両替所の数が多いですが、ビットコインはまだまだ普及が十分でなく、取引所が少ないです。



そんな中でも、ようやくビットコインの両替所として日本でも開設された取引所が現れました。


それは「ビットバンク」 とい会社です。

野村証券や大手IT企業GMO出身の人が作った会社で日本の中でも大手の取引所です。



この「ビットバンク」ではビットコインの両替だけでなく、ビットコインをFXのように売ったり買ったりできるそうで、このブログのリンクから登録した人の売買の手数料が割引が2割引きになるキャンペーンをやっているそうです。


ビットバンクへの登録はここをクリック



是非、いち早くビットコインに慣れておいてください!


 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

外国人旅行者は日本のどんな料理がすきなのか?

寿司や天ぷらなどはハリウッド映画でもでてきますが、外国人旅行者の生の声を聴いてみると彼らのグルメがだんだんわかってきました。

今回は外国人が選ぶ日本のグルメランキングを発表します。これを見れば、おすすめの店を教えてあげるときの参考になるかもしれませんね!

雑誌「HOT PEPPER」のアンケート(中国、台湾、香港、韓国、タイ、アメリカ人旅行者600人)
日本のグルメベスト15はコチラ

第1位 ラーメン
第2位 刺し身
第3位 とんかつ
第4位 巻きずし・かっぱ巻き
第5位 天ぷら(天丼含む)
同5位 焼き魚
第7位 カレーライス
同7位 焼き肉
第9位 お好み焼き
同9位 すき焼き
第11位 たこ焼き
同11位 焼きうどん
第13位 にぎりずし
第14位 うなぎ(うな重、かば焼き含む)
第15位 そば 

dot 朝日新聞出版

入店しやすく、注文もしやすいためか、チェーン店で食べられるグルメが多いと考えられます。メニューが日本語だったり、店員が英語をしゃべれなかったりでまだ発見されていない日本グルメがあるかもしれませんね!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Airbnbのホストでさまざまな外国旅行者と交流するのはとても楽しいことです。



観光案内してあげたり、文化を紹介したり、お土産をもらったり・・・といろいろな発見や驚きもあります。



さて、今回はそんな異文化交流の一方で意外とたまってしまうゲストからの受取金を、もう少し資産運用してみよう!という企画です。

 
まとまったお金があり、アベノミクスの上昇相場のなかで、ホテル業界や旅行業界などに詳しいホストにぴったりの株式運用を考えてみたいと思います。


実際に私も株式投資を行い、その成果も今後ご紹介していきたいと思います。

今回、株式投資をするのに私は丸三証券のマルサントレードを使うことにしました。

マルサントレード 


そして注目銘柄としては、1:ホテル業界を見てみようと思います。

浅草、京都、福岡などの観光地でホテルを営むユニゾHD<3258>や札幌、名古屋、福岡などの中核都市でホテルを営むリゾートソリューション<5261>などは、我々ホストのよきライバルであり、上場株として投資できる魅力的な銘柄です。

ホストとして上記地域は非常に外国人に人気があることは周知であり、今度も旅行者が増えそうなことを考えると、銘柄としてはとてもいい気がします。


また注目銘柄としては、「爆買い」の戦場になる、2:小売企業です。

家電のエディオン<2730>やラオックス<8202>もいいかもしれません。中国人が訪日旅行者の中で大多数を占め、あの爆買いを披露されると、相当売り上げが多いのでは?と期待できますね。


参考 ZUUオンライン

このブログは株式投資一般に関する情報提供を目的としたものです。投資勧誘を目的としたものではありません。





 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

旅行口コミサイトのTripAdvisorが2015年版「外国人に人気のレストラン」を発表しました。




 やはり和牛や寿司、ラーメンなど日本料理や日本が本場の料理がランクインしています。




日本食目当てに来る旅行者も多く、ホストとしては押さえておきたい情報ですね! 




おいしい日本料理店を紹介できるのも強みになります!




それではTop10の発表です


第10位は

東京・渋谷のラーメン屋・一蘭です
 食べログ 一蘭 

とんこつラーメンがとてもおいしそう。塩・醤油ラーメン派ですがこれは食べてみたい。



第9位は

大阪のお好み焼き屋・きじ です
食べログ きじ
これは写真を見てるだけでお腹がすいてきますね。ダイエットしなきゃいけないことを忘れそうです。


第8位は

東京港区の神戸牛懐石511 です
食べログ 神戸牛懐石511
とても立派な建物でかなり高級感があります。旅行者じゃなくても行ってみたい


第7位は

東京銀座、寿司の久兵衛です
食べログ 久兵衛
ここはテレビでもよく見る有名店ですよね!


第6位は

東京港区、寿司のSushi Bar Yasudaです
食べログ Yasuda 
やはり寿司は人気ですね。


さあ、ここからトップ5です!



第5位は

大阪の焼肉屋さん 松阪牛焼肉M法善寺横町店
食べログ M
MeatのMでしょうか、とにかくおいしそう。大阪からのランクインは2店目


第4位は

なんと岐阜高山から中華料理屋 平安楽がランクイン
TripAdvisor 平安楽 
あまりにも意外なため食べログには写真がほとんど投稿されていません。日本人でも知っている人は少ないのでは?と思われますが、外国旅行者にはウケルンデスネ!



第3位は

京都の肉料理店 はふう
食べログ はふう 
お店のネーミングセンスがいいですね!英語だと、「Her?Who?」でしょうか。彼女?誰?



第2位は


東京都中央区から洋食ダイニングの タパス モラキュラーバー
食べログ タパス
あまり日本っぽくないのですが人気なのですね!


そして第1位は


京都のステーキ屋の おおつか です
食べログ おおつか
食べログの評価は3.07ですが、外国旅行者から圧倒的な支持を受けて第一位です
やはり肉が好きなんですね。


自分がすんでいる周囲で人気のお店があれば是非ゲストに紹介してあげましょう!

参考:Trip Advisor
Trip Advisor 外国人に人気の日本のレストランランキング2015











 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Airbnbは空き部屋と旅行者をつなげるマッチングサービスとして今全世界で大人気のWEBサービスとなっています。

このブログでもAirbnbをつかった空き部屋の有効活用に関して徹底的な採算性重視の観点から運営ノウハウをご紹介し、AirbnbホストからはNo1の支持率を得るまでに成長しました。


今回はこれからAirbnbをはじめようという人向けに、いま穴場の町はどこか?をご紹介します、


まず最も重視しなければいけない一つに競合となるホテルの稼動状況があります。
これは、多くの旅行者が宿泊するので、まずは満室になっているホテルのエリアが第一候補になるのは明らかです。
街の情報に詳しいJタウンネットの調べによれば、

①羽田空港に近い大田区蒲田エリア
東横インや京急インが軒並み満室かそれに近い状況になっています。
このエリアは夜遅くにチェックインとなることが多いので、24時間体制が可能なホストにはお勧めです。
さらにこのエリアでは家賃相場や安いためかなり期待できるでしょう。ただし川崎までいくと需要は減る模様

②中央区銀座エリア
外国旅行者が東京にくればほぼ100%訪れるのが銀座です。
ビジネスホテルもかなり進出していますが、稼働率は比較的高い状況。
稼働率が100%ではありませんがこれはマーケティングでなんとかなると考えます。
というのは、旅行者が「Ginza」という言葉をあまり知らない可能性があるためです。実際、ホテル名に「東京」と入っているホテルは満室・ほぼ満室になっています。
銀座エリアには観光に出かけるものの、ホテルを検索する際にはGinzaでなく、Tokyoで検索している証左かもしれません。AirbnbのリスティングにTokyoといれましょう。

③新宿
ホテル数が少なく、宿泊費が非常に高いホテルが多いため、価格を安めに設定すればかなり勝てる地域であることがわかります。
Jタウンネット


常に業界動向や競合の動きをチェックするのがAirbnbの必勝法の一つです。

このブログではいちはやくAirbnbにビジネス性を見出したブログ管理人がAirbnbビジネスを2年以上運営した経験と、数々の失敗を経た上でのノウハウ・テクニックを紹介しています。

 さらに、このノウハウをさらに凝縮したエッセンスとして、「Airbnbの教科書」という基礎から学べるAirbnb初心者~中級者向けマニュアルを作成しました。これをお供にホストをやるとさらに成功確率があがると思います。

 様々な失敗を繰り返し多額の損失を出してきた私の経験から、どうすれば効率的に運営し、経済的なリターンを多くできるか?という観点で、全部で14ページ、文字数約1万5千字の資料となっています。

冊子の目次としては

1.1どこに物件を借りるべきか?

1.2家の広さはどれくらいがいいか?

1.3家賃はいくらくらいの家がいいか?

2.1部屋をどんなレイアウト・デザインにしたらいいか?

2.2予約アップに効果的な家具探し

2.3写真撮影のテクニック

2.4宿泊費(1泊)いくらにしたら良いか、理論値

3.1予約に対する返信のテクニック

3.2予約を効果的にとるテクニック

3.3最寄り駅から家までの誘導を効果的にかつ負担なく行う方法

3.4効果的なチェックイン・チェックアウト時間とは?

3.5家の設備に関して

3.6宿泊費のディスカウント対応の極意

3.7予約を左右する要因とは?

3.8鍵の受け渡しを効果的に行う方法

4.収支管理の楽な方法

 https://gumroad.com/l/gMJO

おまけとして上級テクニックを4章分を収録し、宿泊の際に考えなければいけない項目を網羅したチェックリスト、さらに家の紹介文やゲストとのやり取りのパターンを英語にしたコピペ集も収録しております。

このブログではこの目次にそって、少しだけみなさまにノウハウをお伝えしていくつもりですが、確実に収益をあげるために深く学びたいと言う方は是非リンク先から勉強してみてください!下のURLよりお買い求めいただけます!


非常に多くの方々から反響があり、実際に購入された方々からの声を一部ご紹介します。

山口県女性:「月3万円くらいの副収入がほしいなと思っていたらこのブログにたどりつきました。Airbnbがどういうものか非常にわかりやすく書いてあって、自分でもやってみようかなと思いましたが数十万円もかかるのはさすがに勇気がいるのでAirbnbの教科書を読んでみて無理そうならやめようと思って買いました。読んで自分には無理ってわかったら1万円の損ですむし、やるときはこれれに書いてあるとおりやればいいと思ったので無駄にはならないと思い、読んでみたら自分にもなんとかできそうなのでがんばってみます!ありがとうございました!」

三重県女性:「 
ブログを拝見していてとても率直な記述で心情も詳しく述べられているので大変興味を持った次第です。(中略)そういった事柄がブログからあふれていて、本当にまるで私が体験しているかのようにワクワク、どきどきしながら読みました。ブログ管理人さんの人柄がにじみ出ていて、特に最初のメッセージが入って最初のゲストを招いた時の話などは何となく私も一緒に幸せな気分になったりしました。(中略)実は最初14ページのノウハウが1万円というのは結構高いな、と躊躇したのも事実です。それでも1年間運営され、色んなゲストを招きつつ多くのホストさんとやりとりをして得た情報ですし、私などは田舎住まいなので東京まで行ってお話聞いて...と考えたら1万円というのはそんなに高いものではないと思い購入いたしました。それにいろいろ早く知りたいという欲求がありまして...。あといざairbnbを始めたらそこで元をとればいいし、なかなか始めないと分からないことも多いだろうからそういったリスクをあらかじめいくらか回避するにも1万円なら全然範囲内だな、と思いました。読んでみると私のパターンとは少々違う部分も多かったのですが、本質的に変わらないことももちろんありましたので大変参考になりました。特にゲストとの対応以降、上級テクニックとコピペ集です。これらは本当にありがたいアドバイスです。」

男性:「
ブログ、レポートともに有益な情報本当にありがとうございます。全くの初心者でも分かりやすい記事ですので、大変重宝しております。」 

東京都男性: 「こういうことをやっている人
(airbnbのホストをやりながらノウハウをブログにしている人)
は非常に少ないので体験レポートは貴重でした。5万円でも買いましたよ、値上げしたほうがいいんじゃないでしょうか?あと、販売しているGumroadという販売システムは買う際に少し躊躇しましたが、安心して買えました。それ以外でも買える方法を設定したほうがいいですよ」

 
 Airbnbの教科書 その1

Airbnbの教科書販売ページ その2
 (値段設定は異なりますが上のどちらからでも同じものをお買い求めできます!ご自身のよく使う決済方法に合わせてお選びください) 

この他にも多くの方々に反響のご意見を頂きまして、誠にありがとうございました!



 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

7月1日から11月30日までの期間に、JR東日本が訪日外国人向けの観光切符を発売します。

Mt.Fuji Round Trip Ticketと呼ばれる切符で、東京都区内から大月までの切符(往復)と富士急・富士登山バスの2日間乗り降りが自由 になるものです!

この切符を利用すれば大人で5600円で、新宿~富士山5合目まで通常の半額で行けちゃうのです。

日本人は対象でなく、購入時はパスポートが必要となるので、まさに外国人専用のチケットですね!

ゲストが来たら是非教えてあげましょう!

東京都内から富士山五合目が約半額になる周遊きっぷ、訪日外国人向けに4年目の発売へ -JR東日本など 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

外国からの旅行者が日本に来て驚くことはいっぱいあるそうです。


自動販売機やカラオケボックス、カプセルホテル・・・


さらに驚かれるのが多機能トイレ、ウォシュレットだそうです!


日本のトイレは世界最先端

TOTOが開発した温水便座、ノズル洗浄、脱臭機能、フタの自動開閉システムなどなどハイテク技術のかたまりにハリウッドの俳優たちもびっくりしたそうで、

マドンナが来日したときには日本の便座が恋しかったとコメントしたそうです。

レオナルド・ディカプリオやウィル・スミスもトイレを買って自宅に設置したそうです。

最近では中国からの旅行客が家電量販店で多機能ベンザを購入しているシーンをテレビでも時々見かけますね!


旅行者が来たときのサプライズとして多機能ベンザを導入してみるのもいいかもしれません!



 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

突然ですが「東京に品川プリンスホテルがもう一つ建設された」と聞いて、みなさんはどう思いますか?


なんとも思わない、とか ふーんと思う程度でしょう。


では、「Airbnbで泊まれる民家が東京に3000軒以上ある!」と言われるとどうでしょう?


すごくたくさんある! とか なんか多い!と思う人が多いかもしれません


しかしこの2つはほとんど同じ意味なのです。


どういうことかと言うと、品川プリンスホテルというのは実は日本で一番客室数が多いホテルなのです!


その数なんと3679部屋

つまり、いまAirbnbが東京で提供可能と言われている3000軒とほぼ同じ規模感なのです

朝日新聞電子版 Airbnbは東京で3000軒提供可能


こうして考えるとAirbnbで提供されている部屋の数はたいして多くないことがわかります。


駅前に大きなホテルが1軒ドンっと建設されて3000部屋を供給されるというのはあまり滅多にあることではありません。そういったあまり無い脅威と、1部屋1部屋ずつホストたちの努力によって積み重ねられていく部屋の数とを比べたとき、まだまだAirbnbの部屋の供給は少ない状況が続き、売り手市場が続いていると考えられます。


つまり、ホテル会社というのは綿密な計画の中で一気に1000単位の部屋を供給するため非常に長い期間がかかり、仮に需要があったとしても、町の条例や広大な土地が確保できなければその町には進出できず、そこは確実なブルーオーシャンの町になるということです。

そういった市場に小回りの効く、なおかつ1部屋単位で進められるAirbnbの副業大家さんはとても効率的な副業と言えるということになります。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Airbnbのホストをやっていると、滞在期間中2~3日は関西にいってくるのでしばらく荷物を預かっておいてくれないか?というお願いをされるときがあります。

さらに、新幹線より安い交通手段はない?とも聞かれたりします。そういうときは深夜バスを紹介したりするのですが、このたびもっと手軽なサービスが登場しました。


レンタカー大手のタイムズが運営する、外国旅行者向けレンタカー予約サービスです!しかもスマートフォンに対応している優れもの!

英語版
Times Car Rental 英語版
 
中国語版
Times Car Rental 中国語版 

とくに家族連れや大人数の場合はレンタカーを利用すると安くすむので便利ですよね!ぜひ紹介してあげてくださいね!

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このブログを開始してから1年以上が経過しましたが、いろいろなホストの方からご相談を頂くうちに、ホスト業務の難しさや少人数で運営することの難しさをみなさん感じていることが改めてわかりました。

そこで試験的にですが、ホスト向けにホスト業務を代行してほしい人と代行したい人とのマッチングの機会があればいいのでは?と考え、マッチングサイトを作成してみました。これはあくまでも試験的な取り組みですので、このサイトを運営してみて難しいなと思ったらやめることも十分ありえますが、もしそれでもご興味があれば登録してみてください。

Airbnbホスト向け業務代行マッチングサイト「Air Works」 


 運営に関してはこのブログと同じ管理人がやります。かなりアナログな運営なので使いづらさを感じるかもしれませんがあしからず、ということでお願いします。


使い方としては、
①ホストは「仕事を依頼する」ページから代行をお願いしたい業務や条件を登録してください。
②ホストをサポートしたい人(ホスト業務を代行したい人)は「サポーター登録」ページからあなたがサポートできる業務を記入して登録してください。

登録したホスト・サポーターの情報をメルマガ形式で2~3日に1回程度で配信したいと考えています。


もしこのサイトに改善点や要望があればこのブログ記事のコメント欄にコメントください(非公開です)



 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

DigJapanというアプリをご存知ですか?


外国からの旅行者向けアプリで、日本旅行をお得に、幅広く旅行してもらうために、割引クーポンや穴場スポット情報を配信してくれるすぐれものなんです!


DigJapan紹介サイト 


ビックカメラのクーポンは免税+6%割引になるものもあるそうで、おどろきです。


今は対象エリアが東京、京都、大阪の3都市ですが、今後は都市を拡大していくそうです。


airbnb的にはその3都市がカバーされていれば80%はOKなのでこれは是非ともゲストさんに教えてあげたいアプリですね! 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2020年の東京オリンピック開催決定を受けて、訪日旅行客の手助けを英語でできるように、英語のコミュニケーションを習得した「外国人おもてなし語学ボランティア」というボランティアスタッフの育成講座が開催されました。

東京都主催の取り組みとのことで、オリンピックまでに3万5千人のボランティアの育成を目指すそうです。

2015年度からこの講座を本格化させるとのことで、先日には試験的に24人を集めて講習会を行い、道案内や切符の買い方等のロールプレイングをやったそうです。

英語はちょっと苦手、というホストの方もこういった講座にでれば、英語ができるだけでなく、もしかしたら外国好きのお友達ができるかもしれませんね!


東京新聞【五輪へ英語ボランティア育成  街角で外国人おもてなし】 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Airbnbを利用した全世界の宿泊数が1000万件を突破したそうです。

この膨大な宿泊データを活用して、Airbnb が面白い取り組みを始めています。


その名も、「インタラクティブマップ」


これは、ユーザーの宿泊データを元に、どの国からどの国へ人が移動し、どれだけの期間滞在したかがわかる画期的なデータマップです。

Airbnbのインタラクティブマップ 


これで何がわかるかと言うと、例えば、東京で新年を迎えたゲストは6000人だ!とかロンドンでは36000人だ!とかです。


これはつまり、ある日のある場所にどれだけAirbnbユーザーがいるか、がわかるというものです。


今までのAirbnbでは、自分の家の周りの物件がどれだけAirbnbに登録されているか、どれだけ予約が入っているか?という非常にミクロな視点しかわかりませんでした。


しかし、このデータを活用すれば、もっとマクロな観点から戦略を練ることができます。


14年9月時点でAirbnbの日本の物件登録数が4000件であることから、東京だけで新年に6000人いるというのはまだまだ供給が足りないことをマクロ的に理解できるのです。


なぜかというと、


4000件の半分が東京の登録物件だと仮定しましょう。


すると東京では1日に2000件の部屋が受け皿としてあるわけです。


そしてパレートの法則からそのうちの20%がフル稼働する優良物件だと推測しましょう。

つまり


ある1日にユーザーが6000人も東京にいたとすれば、人気が集中するのは2000件のうちの20%である400件だということです。2人1組で旅行していたとすると、宿泊物件は3000件(6000人÷2)の需要に応えることになりますから、まだ倍率が7.5倍(3000÷400)もある、ということがわかってしまうのです。完全な売り手市場です。


しかし、そういった市場は多くの人たちが参入してくるのもまた事実です。この市場もいつかは競争が激化するのだと思います。

その競争に巻き込まれても、キチンと収益を上げるには、仮に自分の物件が優良物件でなかったとしても、その優良物件に近づくようにするにはどうすればいいのか、きちんとした経験に基づく正確な知識とノウハウを持っていれば決して競争に負けることはありません。


しかも重要なのは、競争といっても他の物件よりも1円でも多く稼ぐのが目的ではなく、赤字にならないこと・少しでも黒字を増やすことであると、本来の目的を忘れない冷静さを持ち続けることです。


いかに失敗をせずに、損失を回避して、優良物件に近づけるか、がAirbnbホストの腕がためされるところと言えるでしょう。

そのためにこのブログでの私の経験記事はきっと皆様のお役に立つのではないかと思います。





 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Airbnb(エアービーエヌビー・エアービーアンドビー)は、旅行者を家に泊めてあげる短期ホームステイサービスです。

 

1泊から多いときは1週間など、海外から日本に来た旅行者が、普通のホテルに泊まるよりも、もっと日本人と交流して現地のことを知りたい!と思い利用し、泊める側の日本人は、海外の人と交流したり、宿泊費をもらえたりとかなり面白い体験ができます。

 

日本にいながら海外旅行している体験もでき、海外好きの人なら是非試してもらいたいおすすめサービスです。

 

異文化交流もさることながら、実はこのairbnb、経済的にもかなり助かるサービスです。

 

海外からの旅行者を泊めるだけのために新しく家をかりて、旅行者と「同棲」することにした自分の体験では、1年間でおよそ250万円ほど稼ぐことができました。

 

Airbnbのホストとして200人以上のゲストを迎え入れることに成功したものの、一方で、様々なトラブルにあい、一方で、無知だったため想定外の損失が多く発生しました。


Airbnbでホストをやって年間250万円以上稼いだ経験からこうすればもうすこし効率的に稼げたかも?という観点でこれからホストになるのを検討しているみなさんに、Airbnbをやっていく上でとても重要な視点をいくつかご紹介したいと思います。


1.物件選び

とにもかくにも物件がなければairbnbホストはできません。そしてこの物件選びが最も重要な作業です。これを失敗すると他の4項目がうまく回らなくなります。慎重に物件は選びましょう。

物件選びまとめ 

 2.住居作り・リスティング作り

いい物件を見つけたら、今度は家具を買い、うまく写真を撮り、わかりやすいリスティングをつくって、ゲストの心をつかみましょう。予約率向上はここにかかってきます。

物件つくり・airbnbのサイトに記載するまとめ

 

3.安定運営

物件を借り、住居を作り、リスティングを作ったら、安定的に運営していきましょう。ゲストとのメッセージのやりとり、チェックイン・チェックアウト、掃除・・・これら全てを効率化し、経費を最小限におさえましょう。

損しない安定運営まとめ

 

4.トラブル対応

トラブルはおきるものです。そう心得ましょう。しかしトラブルは事前に回避することもできます。トラブルが起きてしまったら真摯に対応し、誠意を見せれば必ずゲストもわかってくれるはずです。

トラブル対策決定版まとめ

 5.撤退

どうしても利益がだせない場合は思い切って撤退しましょう。もう一度、1の物件選びに戻り、再度チャレンジしましょう。その際にはなにが原因だったのか?をキチンと考えて同じ過ちをしないようにしましょう。私も2度撤退しました。でも大丈夫です。最初からうまくいく人はいません。

物件を追い出されたりしたら・・・まとめ 


さらに、このノウハウをさらに凝縮したエッセンスとして、「Airbnbの教科書
」という冊子を作成しました。これをお供にホストをやるとさらに成功確率があがると思います。

 

様々な失敗を繰り返し多額の損失を出してきた私の経験から、どうすれば効率的に運営し、経済的なリターンを多くできるか?という観点で、全部で14ページ、文字数約1万5千字の資料となっています。

冊子の目次としては

1.1どこに物件を借りるべきか?

1.2家の広さはどれくらいがいいか?

1.3家賃はいくらくらいの家がいいか?

2.1部屋をどんなレイアウト・デザインにしたらいいか?

2.2予約アップに効果的な家具探し

2.3写真撮影のテクニック

2.4宿泊費(1泊)いくらにしたら良いか、理論値

3.1予約に対する返信のテクニック

3.2予約を効果的にとるテクニック

3.3最寄り駅から家までの誘導を効果的にかつ負担なく行う方法

3.4効果的なチェックイン・チェックアウト時間とは?

3.5家の設備に関して

3.6宿泊費のディスカウント対応の極意

3.7予約を左右する要因とは?

3.8鍵の受け渡しを効果的に行う方法

4.収支管理の楽な方法

 https://gumroad.com/l/gMJO

おまけとして上級テクニックを4章分を収録し、宿泊の際に考えなければいけない項目を網羅したチェックリスト、さらに家の紹介文やゲストとのやり取りのパターンを英語にしたコピペ集も収録しております。

このブログではこの目次にそって、少しだけみなさまにノウハウをお伝えしていくつもりですが、確実に収益をあげるために深く学びたいと言う方は是非リンク先から勉強してみてください!下のURLよりお買い求めください!

実際に購入された方々からの声をご紹介します。

三重県女性:「 
ブログを拝見していてとても率直な記述で心情も詳しく述べられているので大変興味を持った次第です。(中略)そういった事柄がブログからあふれていて、本当にまるで私が体験しているかのようにワクワク、どきどきしながら読みました。ブログ管理人さんの人柄がにじみ出ていて、特に最初のメッセージが入って最初のゲストを招いた時の話などは何となく私も一緒に幸せな気分になったりしました。(中略)実は最初14ページのノウハウが1万円というのは結構高いな、と躊躇したのも事実です。それでも1年間運営され、色んなゲストを招きつつ多くのホストさんとやりとりをして得た情報ですし、私などは田舎住まいなので東京まで行ってお話聞いて...と考えたら1万円というのはそんなに高いものではないと思い購入いたしました。それにいろいろ早く知りたいという欲求がありまして...。あといざairbnbを始めたらそこで元をとればいいし、なかなか始めないと分からないことも多いだろうからそういったリスクをあらかじめいくらか回避するにも1万円なら全然範囲内だな、と思いました。読んでみると私のパターンとは少々違う部分も多かったのですが、本質的に変わらないことももちろんありましたので大変参考になりました。特にゲストとの対応以降、上級テクニックとコピペ集です。これらは本当にありがたいアドバイスです。」

男性:「
ブログ、レポートともに有益な情報本当にありがとうございます。全くの初心者でも分かりやすい記事ですので、大変重宝しております。」 

東京都男性: 「こういうことをやっている人
(airbnbのホストをやりながらノウハウをブログにしている人)は非常に少ないので体験レポートは貴重でした。5万円でも買いましたよ、値上げしたほうがいいんじゃないでしょうか?あと、販売しているGumroadというのは買う際に躊躇しました。それ以外でも買える方法を設定したほうがいいですよ」


この他にも多くの方々に反響のご意見を頂きまして、誠にありがとうございました!

「Airbnbの教科書」販売ページ 

「Airbnbの教科書」販売ページ その2
 (値段設定は異なりますが上のどちらからでも同じものをお買い求めできます!ご自身のよく使う決済方法に合わせてお選びください) 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

Airbnb(エアービーエヌビー・エアービーアンドビー)でホストをやって年間250万円以上稼いだ経験からこうすればもうすこし効率的に稼げたかも?という観点でこれからホストになるのを検討しているみなさんに、Airbnbをやっていく上でとても重要な視点をいくつかご紹介したいと思います。


1.物件選び

とにもかくにも物件がなければairbnbホストはできません。そしてこの物件選びが最も重要な作業です。これを失敗すると他の4項目がうまく回らなくなります。慎重に物件は選びましょう。

物件選びまとめ 

 2.住居作り・リスティング作り

いい物件を見つけたら、今度は家具を買い、うまく写真を撮り、わかりやすいリスティングをつくって、ゲストの心をつかみましょう。予約率向上はここにかかってきます。

物件つくり・airbnbのサイトに記載するまとめ

 

3.安定運営

物件を借り、住居を作り、リスティングを作ったら、安定的に運営していきましょう。ゲストとのメッセージのやりとり、チェックイン・チェックアウト、掃除・・・これら全てを効率化し、経費を最小限におさえましょう。

損しない安定運営まとめ

 

4.トラブル対応

トラブルはおきるものです。そう心得ましょう。しかしトラブルは事前に回避することもできます。トラブルが起きてしまったら真摯に対応し、誠意を見せれば必ずゲストもわかってくれるはずです。

トラブル対策決定版まとめ

 5.撤退

どうしても利益がだせない場合は思い切って撤退しましょう。もう一度、1の物件選びに戻り、再度チャレンジしましょう。その際にはなにが原因だったのか?をキチンと考えて同じ過ちをしないようにしましょう。私も2度撤退しました。でも大丈夫です。最初からうまくいく人はいません。

物件を追い出されたりしたら・・・まとめ 

また、「Airbnbの教科書」をお供にホストをやるとさらに成功確率があがります。

 

様々な失敗を繰り返し多額の損失を出してきた私の経験から、どうすれば効率的に運営し、経済的なリターンを多くできるか?という観点で、全部で14ページ、文字数約1万5千字の資料となっています。

冊子の目次としては

1.1どこに物件を借りるべきか?

1.2家の広さはどれくらいがいいか?

1.3家賃はいくらくらいの家がいいか?

2.1部屋をどんなレイアウト・デザインにしたらいいか?

2.2予約アップに効果的な家具探し

2.3写真撮影のテクニック

2.4宿泊費(1泊)いくらにしたら良いか、理論値

3.1予約に対する返信のテクニック

3.2予約を効果的にとるテクニック

3.3最寄り駅から家までの誘導を効果的にかつ負担なく行う方法

3.4効果的なチェックイン・チェックアウト時間とは?

3.5家の設備に関して

3.6宿泊費のディスカウント対応の極意

3.7予約を左右する要因とは?

3.8鍵の受け渡しを効果的に行う方法

4.収支管理の楽な方法

 

おまけとして上級テクニックを4章分を収録し、宿泊の際に考えなければいけない項目を網羅したチェックリスト、さらに家の紹介文やゲストとのやり取りのパターンを英語にしたコピペ集も収録しております。

このブログではこの目次にそって、少しだけみなさまにノウハウをお伝えしていくつもりですが、確実に収益をあげるために深く学びたいと言う方は是非リンク先から勉強してみてください!下のURLよりお買い求めください

https://gumroad.com/l/gMJO

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日の夜にテレビ番組で、渋谷へ旅行で来た外国人がAirbnbを利用して目黒のマンションに宿泊しているのが放送されていました。

 

番組では日本の良いところとして、コンビニが24時間開いている、夜でも街中の治安が安全である、新宿のゴールデン街の雰囲気がとてもいい、などなど。落し物をしても必ずもどってくることなどもとても良いイメージを与えているようです。

 

airbnbは、旅行者を家に泊めてあげる短期ホームステイサービスです。

 

1泊から多いときは1週間など、海外から日本に来た旅行者が、普通のホテルに泊まるよりも、もっと日本人と交流して現地のことを知りたい!と思い利用し、泊める側の日本人は、海外の人と交流したり、宿泊費をもらえたりとかなり面白い体験ができます。

 

日本にいながら海外旅行している体験もでき、海外好きの人なら是非試してもらいたいおすすめサービスです。

 

異文化交流もさることながら、実はこのairbnb、経済的にもかなり助かるサービスです。

 

海外からの旅行者を泊めるだけのために新しく家をかりて、旅行者と「同棲」することにした自分の体験では、1年間でおよそ250万円ほど稼ぐことができました。

 

みなさんも是非AIRBNBで楽しんでくださいね

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

airbnbは、旅行者を家に泊めてあげる短期ホームステイサービスです。

 

1泊から多いときは1週間など、海外から日本に来た旅行者が、普通のホテルに泊まるよりも、もっと日本人と交流して現地のことを知りたい!と思い利用し、泊める側の日本人は、海外の人と交流したり、宿泊費をもらえたりとかなり面白い体験ができます。

 

そのairbnbを副業として年間250万円も稼いだことでこのブログが大変話題になり、さまざまなメディアで取り上げられました。特に週刊SPAさんには3度も特集を組んでいただきました。

http://nikkan-spa.jp/645280

 

Airbnbのホストとして200人以上のゲストを迎え入れることに成功したものの、その過程では様々なトラブルにあい、想定外の損失をたくさん出してしまうという手痛い失敗もたくさん経験しました。

 

その経験から、こうすればトラブルを回避できて、効率的に運営できて費用を抑え収益を上げられるのでは?というノウハウを自分なりにまとめて一つの冊子にまとめました。

当初はこれを備忘録代わりに自分で使っていたのですが、知り合いのホストに見せたところ、是非その冊子が欲しいとねだられ、そんなにすごいのかなと思ったりもしましたが、ホスト仲間の間で大変話題になったため「airbnbの教科書」と名付け、他のホストにも提供することにしました。全部で14ページ1万5千字程度です。

https://gumroad.com/l/gMJO

 http://www.dlmarket.jp/products/detail.php?product_id=270403

(上のどちらも同じものです)

 

これには、こうすればもっと損失をなくせたなあという反省点や、こういうポイントを抑えればかなり収益をアップできるなという項目もたっぷり記載しました。

 

では、この教科書をつかっていくら稼げるのか考えてみたいと思います。

 

まず、airbnbのホストを始めたばかりの立ち上げ時に、さまざまな契約や家具をそろえる必要があり、その際にかなりの時間を消費してしまいます。ゲストを迎え入れるタイミングが遅くなり、売上発生が遅れてしまいがちになります。しかし、この教科書どおりにやれば1ヶ月は立ち上げを短縮できます。まだ始めたばかりで信用もないので初月の売り上げを少なめに見積もっても5万円とします。これを1ヶ月早く手に入れることができます。

 

また、立ち上げ後の安定運営期のオペレーションコストとしても月3万円はコストカットでき、ゲストからのクレームに対する宿泊費返金も抑えられます。これが月2万円。

 

売上に関しても、どうすれば売上を増やせるのかという上級テクニックが書かれています。これを使えば月あたり2万円は増えます。

 

ざっくり1年間で計算すると、初月の5万円、毎月7万円の売上アップになりますので、トータルで82万円ほどとなります。月によってばらつきがあるのでそれを補正しても、この「airbnb」の教科書を読んで実践するだけで70万円ほどは稼げることになります。

 

また、この経験からairbnbは不動産投資と読み替えることができることを発見しました。その収益性を自分のデータで検証したところ今の時代ではなかなかない投資対象であることがわかりました。

http://airbnbhost.hatenablog.com/entry/2014/04/15/220000

 

1人でも多くのホストが安定定期に収益を上げることができて、外人旅行客が日本を楽しんでもらえるようになることが私の希望です。

 

冊子の目次としては

1.1どこに物件を借りるべきか?

1.2家の広さはどれくらいがいいか?

1.3家賃はいくらくらいの家がいいか?

2.1部屋をどんなレイアウト・デザインにしたらいいか?

2.2予約アップに効果的な家具探し

2.3写真撮影のテクニック

2.4宿泊費(1泊)いくらにしたら良いか、理論値

3.1予約に対する返信のテクニック

3.2予約を効果的にとるテクニック

3.3最寄り駅から家までの誘導を効果的にかつ負担なく行う方法

3.4効果的なチェックイン・チェックアウト時間とは?

3.5家の設備に関して

3.6宿泊費のディスカウント対応の極意

3.7予約を左右する要因とは?

3.8鍵の受け渡しを効果的に行う方法

4.収支管理の楽な方法

 

おまけとして上級テクニックを4章分を収録し、宿泊の際に考えなければいけない項目を網羅したチェックリスト、さらに家の紹介文やゲストとのやり取りのパターンを英語にしたコピペ集も収録しております。

このブログではこの目次にそって、少しだけみなさまにノウハウをお伝えしていくつもりですが、確実に収益をあげるために深く学びたいと言う方は是非リンク先から勉強してみてください!下のURLよりお買い求めください

https://gumroad.com/l/gMJO

http://www.dlmarket.jp/products/detail.php?product_id=270403

(上のどちらからでも同じものをお買い求めできます!ご自身のよく使う決済方法に合わせてお選びください)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前回のつづき

http://airbnbhost.hatenablog.com/entry/2014/07/26/155948

ついに念願のゲストを迎え入れることになった僕。

 

家に来ることになったのはアメリカ人の男性。彼から家へのアクセスやハウスルールとよばれる家独自の守るべきルールなどを聞かれ、親切丁寧に答えました。また、料金費を少し安くして欲しいと交渉を持ちかけられ、初めてのゲストだったことと、できるだけ予約につなげたいとの思いで、6日だったこともあり料金を4日分に減額することで予約が確定しました。

 

ところが、です。チェックインの時間に自分も友人もバイトなどどうしてもはずせない用事でちょうどよく迎えてあげることができないことがわかりました。なんとかやりくりしたのですが、どうしても調整がつかず、しょうがないのでそのことをゲストに伝えると、彼はairbnbのリピーターだったらしく、「郵便ポストに鍵をいれておいてくれれば勝手にチェックインするよ」と言ってきました。

 

自分たちがいない間に勝手に入るなんて・・・と思いましたがどうしようもないので了解し、当日はポストに鍵をいれておくことにして2人はバイトにいきました。

 

 

バイトで働いているあいだはどうしてもゲストのことが気になってうきうきワクワクし仕事が手につかず、早く帰りたいと思っていましたがそういうときに限って時間の進み方は遅く、まだ2時か・・まだ3時か・・・とじれったい思いでした。

 

 

やっとのことでバイトが終えて、急いで家に帰るとすでに友人が帰宅しており、アメリカ人と談笑していました。彼がこちらを見て、「ハジメマシテ、ヨロシク」と言ってくれたときはめちゃくちゃうれしかったのを覚えています。初めてのゲストです。しかも、なんと友人が帰ってくるまでの間に家の掃除をしてくれたとのことで家中がとても整理整頓されていて大変きれいになっていました。

 

 

人の家に勝手に入って、勝手に掃除までして、それは全て信頼関係から成り立っており、ただ、一度も会ったことがないもの同士でもあるため、本当に不思議な体験でした。ひたすら心がおどりわくわくしました。

 

その夜は彼と一緒に3人で渋谷の居酒屋に行き、自分たちの話やアメリカの話、彼の仕事の話、日本で観光したいところなどつたない英語でしたが身振り手振りも交えて一生懸命会話しました。それもとても楽しかった。

 

翌日は彼は用事があるとのことで、自分たちもバイトに行き、その翌日は3人で観光案内がてら渋谷や新宿、浅草を巡りました。彼も仕事で日本に来ていたため、予定をあわせるのが難しかったのですが、現地の人との交流がしたいためにairbnbを利用しているとのことで、一緒に観光ができて大変うれしかったといってました。

 

観光以外でも自分たちの仕事の話や、仕事に対する価値観、プライベートな話など、夜遅くまでパジャマで話しました。とても濃厚な交流ができ、airbnbのすごさを体感しました。

 

あっと言うまに6日がすぎて、バイトに行くのと一緒に彼もチェックアウトし空港にいくとのことで、駅まで一緒にいき、大変たのしかったとお互いに言い合い、惜しみながら別れました。

 

友人と2人で小さくなっていく電車をいつまでも見送っていました。つづく

 

 にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前回のつづき

http://airbnbhost.hatenablog.com/entry/2014/07/22/223254

 

airbnbのために家を借り、家具もそろえた僕。

 

さっそくairbnbのサイトに掲載するため家の情報を入力していきます。

 

「渋谷の和室のシェアハウス」。文字制限があったため家のタイトルは短めシンプルにしました。家の紹介文も英語が得意だったので、家のロケーション、新宿や築地などのメジャーな観光地までのアクセス、家の設備の紹介、チェックインやチェックアウトの時間などを長めに書きました。

 

料金はいろいろ考えた結果8000円くらいがいいと考え80ドルとしました。

 

また、家の写真をプロのカメラマンに無料で撮ってもらえるサービスがairbnbから提供されてたので、早速カメラマンに頼み写真を撮ってもらいました。写真はカメラマンが撮ったあとairbnb側で審査がありその後サイトに掲載されました。とてもきれいで自分の家とは思えないほどで、とてもうきうきしました。アングルも自分で撮るのとは大違い。

 

早速、家の情報を「公開」設定にし、「はやく問い合わせ来ないかな」と友人と言いながら、設立準備がおわったことを祝し夕方6時くらいに飲みにでかけました。

 

居酒屋でいままでの設立準備の振り返りつつ、これからのことや夢などさまざまなことを語りあって盛り上がっていました。しばらくはお互いに話に熱中になってairbnbのことなどすっかり忘れていました。

トイレに行くついでに時間を確認しようとしたまさにそのときです。携帯を見るとairbnbになんとメッセージがきているではありませんか!一瞬目を疑いましたが、まさかな、とは思いつつアプリを起動してみると、そこには「はじめまして、アメリカ人ですが来週お願いしたいです」とのこと。

 

そのメッセージを見たとき2人で目を合わせ、来た!とお互いに抱き合いました。

 

初めてのゲストさんです。

 

airbnbすげーーーー

 

さあ、初めてのゲストを迎かえいれることになりました。つづく

http://airbnbhost.hatenablog.com/entry/2014/01/11/010323

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前回のつづき

http://airbnbhost.hatenablog.com/entry/2014/07/21/233908

 

ついにairbnbのために家を借りてしまった僕。

 

なにもないがらがらの部屋を見て、これから始まるairbnb生活にわくわくしたのを今でも覚えています。

 

とにかく家具をそろえなきゃということで、実家の物置にあったライトや扇風機、傘、バケツなどとりあえず持ち込んだものの人が住める状況ではなかったので近所のホームセンターに出かけました。

 

すると、組み立て式の簡易ベッドや小さめの冷蔵庫、それなりの柄のカーテンや電気が色々とあり、値段もまずまずだったので買い込みました。本当はもう一回り安ければよかったのですが、まあ自分たちも住むのでまあしょうがないかなと思い、思い切って決めました。

 

重いベッドや冷蔵庫は配達してもらい、家に帰ってからカーテンや電気の取り付けをして、他の友人たちからも色々といらないものを分けてもらい、あれやこれや揃え、徐々に自分たちの城が出来上がりました。

 

ベッドが届くまでは寝袋で寝ることにしたのですが、季節的に予想以上に寒かったので、翌日またホームセンターに行って安めの電気ヒーターを買いました。

 

着替えをいれておくタンスやトイレ掃除用具など、しばらく住むといろいろと生活に必要なものが増え、なんだかんだで2週間くらいかかってしまいました。

 

バイトも忙しかったので後は通信販売で買いそろえました。ただ、通販で買ったものは年末年始の季節になっていたため届いたのが年始になっていました。

 

とりあえず生活していくのに、そして旅行者を迎えるのに必要なものをそろえることができました。

 

いよいよairbnbのサイトに家を掲載します。つづく

http://airbnbhost.hatenablog.com/entry/2014/01/10/003350

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ