Airbnbのホストでさまざまな外国旅行者と交流するのはとても楽しいことです。



観光案内してあげたり、文化を紹介したり、お土産をもらったり・・・といろいろな発見や驚きもあります。



さて、今回はそんな異文化交流の一方で意外とたまってしまうゲストからの受取金を、もう少し資産運用してみよう!という企画です。

 
まとまったお金があり、アベノミクスの上昇相場のなかで、ホテル業界や旅行業界などに詳しいホストにぴったりの株式運用を考えてみたいと思います。


実際に私も株式投資を行い、その成果も今後ご紹介していきたいと思います。

今回、株式投資をするのに私は丸三証券のマルサントレードを使うことにしました。

マルサントレード 


そして注目銘柄としては、1:ホテル業界を見てみようと思います。

浅草、京都、福岡などの観光地でホテルを営むユニゾHD<3258>や札幌、名古屋、福岡などの中核都市でホテルを営むリゾートソリューション<5261>などは、我々ホストのよきライバルであり、上場株として投資できる魅力的な銘柄です。

ホストとして上記地域は非常に外国人に人気があることは周知であり、今度も旅行者が増えそうなことを考えると、銘柄としてはとてもいい気がします。


また注目銘柄としては、「爆買い」の戦場になる、2:小売企業です。

家電のエディオン<2730>やラオックス<8202>もいいかもしれません。中国人が訪日旅行者の中で大多数を占め、あの爆買いを披露されると、相当売り上げが多いのでは?と期待できますね。


参考 ZUUオンライン

このブログは株式投資一般に関する情報提供を目的としたものです。投資勧誘を目的としたものではありません。