旅館運営のお手伝いになることになったお話しの第二弾


今や民泊の代名詞となったAirbnb・エアービーエヌビーですが、最初に旅館オーナーさんにAirbnbのことを言ったとき、非常に怪訝な顔をされました。


ホテルや旅館を運営している人にとって、いま最も脅威でありライバルになりつつあるのが、実はこのAirbnb民泊だというのです。



確かに自分の家に旅行者を呼ぶのは、見方を変えると旅館やホテルなどの宿泊業と競合するビジネスと言えるのでしょう。


あくまでも国際交流や文化交流を目的にしているホストにとってかなり思いがけない側面ではありますが、言われてみれば確かにそうですし、宿泊業と思われかねない組織的なAirbnbホストがいるのも事実です。



ただし、個人的にはホテルや旅館の運営者の人たちも逆にAirbnbを利用できるんですよ!ということをお伝えしていきたいと思っていました。



今回、Airbnbの仕組みや素晴らしさ、応用可能性の幅広さをプレゼンしたところ、旅館オーナーさんが「ハッ」という顔をされて、もっと話を聞きたいということで、私の経験やノウハウをかなり詳しく話したところ是非一緒にやろうということになりました。



実はその旅館オーナーさん、現在建設中の旅館があるそうで、その旅館の運営をまるまる全て任せてもらえることになりました!



旅館運営のトータルサポートとしてもコンサルティングしていくのでまた続報お待ちください!