Airbnbを始めたばかりの初心者から相談を受けることが最近多いのですが、その中で最近増えているのが


「不動産管理会社から苦情が来たんですがどうすればいいですか?」という内容です。


Airbnbで最も重要なのはホストに喜んでもらうことですが、それと同じくらい大事なのはご近所や不動産管理会社からの評判です。


不動産のオーナーさんから転貸の許可をもらっていても、管理会社やご近所さんは知らないことが多いのです。


そういうときに必ず新人ホストに聞くのは



「きちんとステークホルダーマネジメントをしていますか?」という質問です。



するとほとんどの人がキョトンとした顔になってしまいます。



ステークホルダーマネジメントをしていない証拠なのです。



ステークとは利益の意味です



ホルダーは保有者の意味です



つまりステークホルダーとは利益保有者、もっと言うと利害関係者なのです。



ご近所や不動産管理会社は味方になってくれれば非常に強い味方ですが、いったん敵になってしまうとほぼ勝てません。みんな自分の生活がかかっているからです。



しかし、もし、彼らとうまい関係性を築けていればクレームなんて来ないのが私の実体験です。



物件を借りてすぐにAirbnbを始めてしまう前に、きちんと周りとの人間関係をつくっていくことが大切です。



不動産管理会社にはオーナーとの関係を話したうえで、外国人が多く来るけれども非常に観光に役に立つことなので、といってきちんと話を通しておきましょう。


ご近所さんにもオーナーさんとの話をしたうえで、菓子折りを持っていくのが効果的のようです。


今はテレビでもAirbnbのことが話題になっていますから、少し話せば、ああ、あの話題か、とわかってくれることが非常に多いです。


私はこの手間を怠ったため、今まで4軒以上も撤退することになってしまいました。


私の失敗をみなさんが繰り返さないようにぜひ参考にしてください!